管理薬剤師

管理薬剤師 > 管理薬剤師の転職はここに注目!

管理薬剤師の転職はここに注目!

管理薬剤師は比較的男女比のバランスが良くとれている職業ですが、やはり若干女性の割合のほうが高いのは事実です。そのため、女性の職場という感じになりやすいので、中には人間関係がドロドロとしている職場もあるようです。

どんなに給与が良くて、どんなに福利厚生が充実していたとしても、職場の雰囲気が悪いと仕事が嫌になり、続けていくことは難しいと思います。 特に大きな病院やドラッグストアの場合は、口コミや評判を比較的集めやすいですが、小規模な職場の場合はそう簡単に集められません。

そこで、転職する上で職場の雰囲気に関しての情報の集め方についてご紹介します。 どうすれば、職場の雰囲気に関しての情報を集められるのかというと、薬剤師の転職支援サービスを利用することです。

転職支援サービスには、専任のコンサルタントが設置されており、あなたの転職をサポートしてくださいます。 転職のサポートに関してはプロですので、気になることがあればなんでも質問するべきでしょう。

職場の雰囲気に関して、直接求人先に問い合わせるのはとっても難しいですが、コンサルタントに相談することで、あなたの代わりに求人先へ問い合わせてくれます。転職支援サービスとは、いわゆる薬剤師のハローワークのようなものだと思っていいでしょう。

でも、職場の雰囲気は、そこで実際に勤務してみないとわかりません。 なので、少しでもヒントのなるのが、その職場での定着率です。 長く勤務している人はどれくらいいるのか?新しく入った人たちがすぐに辞めていないか?などがわかれば、ある程度は雰囲気が悪いのか良いのかわかるのではないでしょうか?

転職してしまう人が多い、若い人がどんどん入れ替わってしまうという職場は、あまりよい職場では無いかもしれません。 キャリアアップや挑戦したいことがあっての転職ならまだしも、離職率が高い場合は、居心地が悪いからという理由のほうが多いと思います。

また、転職する予定が何ヶ月も先の場合は、気になる求人をしばらくチェックしておくのも良いと思います。 離職率が高い職場は、頻繁に求人募集を出していたり、求人募集が削除されないまま残っていることが多いです。 薬剤師が転職する時は、定着率もしくは離職率に注目をしましょう。


病院薬剤師のお仕事

病院薬剤師の主なお仕事は、調剤室で薬の調剤をすることでした。 医薬分業が進み、院外の調剤薬局で調剤してもらう割合が増えてきたため、病院薬剤師の現在の役割が変わってきました。

調剤をするというよりも、入院患者に対して服薬指導をしたり、その人の最も適する薬物療法について医師と話し合うことなどが、病院薬剤師の主な業務となりました。 そのため、以前よりも高い知識と専門性が求められるようになりました。

病院薬剤師は、入院患者と接することが多いため、コミュニケーション能力は必須です。 きちんとコミュニケーションがとれていないと、確認不足によりアレルギーや副作用が出てしまったり、間違った飲み方をしてしまう可能性があります。 安全な医療の実現のためにも、患者さんとはきちんとコミュニケーションをとり、確認ミスの無いように、正しく服薬指導を行わなければなりません。

もちろん、服薬指導をするだけでなく、服薬が始まってからも薬の効果を確認したり、適切な服用量かを確認することも薬剤師の役割です。 患者さんが不安や疑問を抱いている時は、相談に乗り、不安や疑問を軽くしてあげることもしなくてはなりません。

また、患者さんの中には処方箋通りに薬を飲めない人もいます。 錠剤が大きくて飲み込めない、薬が苦くて飲めないなど、さまざまな理由があるため、どうしたら飲めるのか患者さんと相談しなくてはなりません。 このようなことがあるので、以前よりも病院薬剤師には、高いコミュニケーション能力が求められるようになりました。

また、病院薬剤師の場合は、患者さんのカルテなどを直接見ることができます。 そのため、薬の副作用や相互作用について、調剤薬局で勤務するよりも知識が高まっていきます。 それに加えて、終業時間が比較的早い職場であるため、子育て中の人でも両立しやすい環境となっています、

現在は医薬分業が進み、病院薬剤師の募集はかなり少なくなりました。 以上のようなメリットがあるため、求人が出ると応募者が殺到してしまうこともあります。 応募者が殺到すると、求人募集の早期終了もありますので、病院薬剤師を希望している人は、転職支援サイトに登録をして、日頃から新着チェックをこまめにすることがおすすめです。